川崎学園祭

川崎学園祭ロゴ

学園からのご挨拶

第47回川崎学園祭へよせて

 澄み渡る空気が心地よく感じられ、本格的な秋の訪れを感じる季節となりました。
 昨年度の学園祭は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、ご来場の皆様や学生の安全を第一に考え、やむなく中止というとても残念な決断に至りました。今年度も多くの関係者の努力にも関わらず、感染拡大は収まる気配がありません。
 そこで、学生と教職員とで協議を重ね、例年通りの学園祭の開催は困難であると判断し、オンラインでの開催といたしました。全てが初めての試みですが、各校が垣根を越えて協力し企画してまいりました。

 さて、今年度の学園祭の統一テーマは「笑顔の密を~REBORN 川崎学園祭~」です。オンラインという新しく生まれ変わった学園祭を企画することで皆に笑顔を取り戻し、笑顔の密をつくりたいという願いが込められています。
 今、世界中の人々が、新型コロナウイルス感染症流行の困難や苦しみに堪えて、それを乗り越えようと懸命に闘っています。私たち川崎学園の教職員と学生は、学園の理念「人間をつくる 体をつくる 医学・医療福祉学をきわめる」のもと、創設者川﨑祐宣が必要性を説いた「医療福祉」を更に充実・深化させるべく、学園一丸となって挑戦を続けています。
 その挑戦の一つとして、各施設が緊密な連携のもと学園祭を運営することで、優れた知性と豊かな人間性を兼ね備えた良き医療福祉人となり、新型コロナウイルス感染症の収束に少しでも寄与し、ひいては新しい未来の創造へと繋げていきたいと思っています。
 学生と教職員が心を一つにして、オンライン学園祭に参加してくださる皆様が笑顔に満ち、統一テーマにふさわしい学園祭となることを願い、ご挨拶といたします。

学校法人 川崎学園
理事長 川﨑 誠治

『学園祭によせて
 〜空間的、時間的「密」よりも、
「笑顔の密」と「こころの密」の学園祭を~』

 今年度の学園祭の統一テーマは、「笑顔の密を~REBORN川崎学園祭~」と決定しました。これは、新型コロナウイルス感染症の防止のため、空間的(密室)、時間的(同時)の3密を避ける一方、川崎学園のすべての構成員がコロナ禍の下でもREBORN(復活)を目指し、「笑顔の密」をテーマにされたことは、大変素晴らしいことです。
 また、学園では、入学後早期に教育施設である医科大学・医療福祉大学・医療短期大学・リハビリテーション学院の新入生が一同に会して、「新入生合同研修」を挙行しています。これは、各施設の「こころ」の壁を低くし、将来に亘り、協力し合うことを願っています。「学園祭」は、多職種連携の一つであり、ここで培われた絆は貴重であり、コロナ感染の「3密」でなく、4校の「笑顔の密」と「こころの密」で学園祭を楽しみたいものです。

川崎医科大学
学長 福永 仁夫

学園祭によせて
笑顔を密に~REBORN

 COVID-19による感染蔓延を経験することによって、はじめてのオンライン学園祭が開催されることとなりました。学園祭の準備にご尽力を頂きました学生ならびに教職員の皆様には、心から御礼を申し上げます。
 「感染症が落ち着いたら、また元の生活を」という言葉がよく囁かれますが、それは適切ではないと感じます。もちろん、健康で安心・安全・平和な生活であるべきですが、まったく同じ生活形態に戻るのであれば、この辛い感染症を経験した意味がなくなってしまいます。人類は、これまで数多くの大災害や大きなイベントを経験するたびに、反省と思慮のうえに立って新たな生活を構築すべく進歩してきました。戦争を経験して誰もが非核化を提唱するようになり、大地震によって耐震化を備えた高層建築の技術が進みました。私が覚えている57年前の東京オリンピックの直前にカラーテレビが新発売され、壊れやすいと言われていた日本の家電製品に革命が起こりました。COVID-19も同じで、新しい社会を創造する機会でもあるように思います。「REBORN」には、そんな願いが込められており、RETURNとは異なるような気がいたします。
 学園祭は、開催する人も参加する人も、ワクワクするエネルギッシュなイベントであるべきです。模擬店や芸能人によるステージなどのマンネリ化した企画から脱却し、次の時代に相応しいプログラムを創り出して欲しいと思います。世界の人々の誰もが笑顔になれるよう、真の医療福祉を共有する学園祭となることを心から期待いたしております。

川崎医療福祉大学
学長 椿原 彰夫

オンライン学園祭によせて

 2年ぶりの開催を楽しみにしていた学園祭ですが、遷延する新型コロナウイルス感染症の影響により、今年度はオンラインでの開催となりました。これまでにない形式で準備は大変だったかと思いますが、無事に開催にこぎつけた実行委員会のメンバーを始め関係者の皆様のご尽力に感謝申し上げます。
 さて、大学では未知の新興感染症に対して、感染を可能な限り持ち込まないためにかなり厳しい対策を取ってきました。医療福祉に関係する私たちとしては当然の対応ではありましたが、部・サークル活動の休止など、学生の皆さんにとっては窮屈な日々だったかと思います。しかし、一年あまりの新しい生活様式を続ける中で、私たちも少しずつ付き合い方がわかってきたところです。ワクチン接種が進む中でも、基本的な感染防止策を怠らないことで、様々な活動が復活してくる時期に向かっています。1、2年次生にとっては初めての学園祭です。マスク越しの笑顔を密にして、新しいスタイルの学園祭をみんなで楽しみましょう。

川崎医療短期大学
学長 秋山 祐治

「笑顔の密を~REBORN川崎学園祭~」
によせて

 第47回川崎学園祭がオンラインで開催されることを心からお祝い申し上げるとともに、実行委員はじめ関係者の皆様の開催に向けてのご尽力に敬意を表します。
 言うまでもなく、新型コロナウィルス感染症は我々の生活を一変させ、世間は重苦しい雰囲気に覆われています。「密」を避けるということが強調され、人々が集う機会がなくなっています。ふと思えば、マスクを外して顔を合わせることも憚られる中、笑顔を見ること、笑い声を聞くこともいつの間にか減っていることが感じられます。今回企画された新たな形の学園祭が、遠くに行きかけている多くの笑顔を取り戻すことにつながることを切に願います。
 参加される皆様、視聴される皆様に楽しんでいただき、REBORNにつながることを希望し、私の挨拶とさせていただきます。

川崎リハビリテーション学院
学院長 花山 耕三

  附属高校でも「笑顔の密」をつくります

 令和3年度(第47回)川崎学園祭の開催おめでとうございます。
 昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となりましたが、 今年度、「笑顔の密を~REBORN川崎学園祭~」がオンラインで開催されること、大変素晴らしいことです。
 生坂地区にある附属高校は、建学の理念「人間をつくる 体をつくる 学問をきわめる」を大切にしながら、将来の良医を目指す人材の育成に取り組んでいる全国唯一の医科大学附属高校です。
 例年、学園祭期間中に「文化発表会」を開催し、平素のクラブ活動や芸術・家庭科の授業での学習の成果を発表しています。昨年度も校内行事として開催し、その様子を保護者の皆様へオンラインで配信しました。今年度も10月16日(土)に校内行事として開催する予定にしています。
 この行事の開催に向けて、生徒一人一人が、さまざまな制約の中で協力し、一生懸命準備に取り組んでいます。この行事を契機に生徒が笑顔の密をつくり、一層成長することを期待しています。
 最後に、準備や調整にお世話になった関係の皆様に心から感謝申し上げ、令和3年度(第47回)川崎学園祭の成功を祈念してご挨拶とします。

川崎医科大学附属高等学校
校長 新井 和夫